My dog My life

spatiality.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:甥・姪( 5 )


2012年 10月 19日

成長すること


d0207596_21121937.jpg

[PR]

by welco-t | 2012-10-19 21:13 | 甥・姪
2012年 03月 01日

雪の日

雪が降ったら、ウキウキするのはなにも子供だけではない。



d0207596_2225297.jpg


東京で雪が降ることも珍しくなり、

このチャンスを逃すまいと、とりあえず甥っ子と公園へw


d0207596_21591090.jpg


d0207596_2204486.jpg


d0207596_221875.jpg


d0207596_2212733.jpg



雪だるまを作っても、すぐに土が顔を出すため汚い雪だるまに・・・。

それでも、だるまはだるまw
[PR]

by welco-t | 2012-03-01 22:10 | 甥・姪
2011年 09月 29日

お台場

甥っ子たちとドライブデート。

甥っ子の高所恐怖症はかなりひどく、

自由の女神像?の近くの橋でさえ、泣き喚くw



d0207596_1146129.jpg


d0207596_11514979.jpg


d0207596_11521135.jpg



先月にpentaxさんに出した、フィルムカメラLXはオーバーホールを経てメンテナンス終了。


初め見てもらったとき、これでは写真は撮れませんよというくらいの、不具合と腐食。
僕が生まれてから、ずっと倉庫に眠っていたのだからね。

不具合を列挙していくと
・ピント(MF)不具合
 不具合にもかかわらず、感覚でピンとあわせてた。
・ミラー位置不具合
・ミラー作動不具合
・シャッター精度不安定(高速)
・AE露出指示差(オーバー)
 オーバーと言われたが、リバーサルで撮っていた自分としては、
 どうも信用しきれず
・モルトプレーン腐食
 これが一番気になっていたので、メンテナンスへ。
・各部オーバーホール
 するところはいっぱいあるだろうに・・・。


つらい状況で、使い続け申し訳なかった・・・。
[PR]

by welco-t | 2011-09-29 12:14 | 甥・姪
2011年 02月 25日

宇宙空間

僕らが住む地球は太陽系であり、太陽系を取り巻くものをMILKY WAY(天の川銀河)と呼ぶ。



とても綺麗な天の川銀河。



d0207596_2236243.jpg



この天の川銀河は、直径10万光年あり、その中には1000億~2000億の恒星が存在する。

その内の一つの恒星が太陽である。




太陽の周りに存在する惑星。

水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星。

これは恒星が誕生した時に残った、塵とガスが衝突を繰り返し、合体したものである。

宇宙空間の中では、塵の粒子はバラバラにならず固まり、やがて大きくなる。



塵の衝突、合体により塵は砂粒になり、小石になり岩石になる。
それが繰り返されやがて微惑星になり、
小惑星になり、惑星になる。
そうやって、宇宙空間のなかで星達は衝突と合体によって生まれてきた。

d0207596_22595832.jpg




なかには、惑星になれなかった星も多数あるようで


d0207596_23121120.jpg



なれるかなれないかは、運次第?

d0207596_2313036.jpg





初期の地球にも、中心を外したところに原始惑星がぶつかり、地球の周りを吹き飛ばした。

その破片が地球を回り、長い年月をかけて合体し月になった。

d0207596_2317317.jpg





惑星になれたもの、なれなかったもの。どんな小さな星でも、それが元素であっても

すべてのものが互いに作用し合っている場所、無駄なものが一つもない場所が宇宙空間でもある。




d0207596_064755.jpg





この世界には、意味のないもの、意味のない過程は一つもない。


すべてが必要な存在でもある。






僕らはずっと太陽によって、光によって支えられているものだと思ってきた。

今もそう思っている人は多いはず。


でも実は、一つ一つの銀河を支えているもの、バランスを保っているものはブラックホールであるというものわかってきた。




きっと、あと何年後かそれが常識になるのだろう。(2005年ですでに観測されているのだが)




闇も光も、僕らにとってはかけがえのないものだと、つくづく考えさせられる。


d0207596_2335972.jpg



無限と呼ぶ空

そこに人は永遠を見る。

何億光年離れた星に、大切な人を思う。

星になった大切な人を。

何億年と光を放ち続ける星に。

そこは人間にとって、永遠の世界だから

必要な存在、大切な存在を重ねてきた。

これからも、いつの時代も綺麗な星へ重ね続けるだろう。
[PR]

by welco-t | 2011-02-25 00:17 | 甥・姪
2011年 02月 24日

恒星誕生?

「恒星」
自らが光を発する星。



恒星誕生のきっかけは、星の超新星爆発による衝撃波がきっかけとなって生まれる。

塵やガスのある密度の高い星間ガス「分子雲」に、この衝撃波が伝わると

分子雲内のガスが圧縮され、重力が生まれる。

この雲の中で生まれた重力は、周辺のガスを吸い寄せ、渦巻く大きな円盤を形成していく。


大きな重力が働く中心部は高温・高密度な球になり、さらに中心部の温度が急上昇すると

突然、核融合反応が起こる。

そして恒星が誕生する。



神が?作った恒星。

d0207596_015322.jpg



残った塵とガスは新しい恒星の周りを回る円盤になる。これが、惑星や衛星(天然の天体)、彗星、小惑星の種となる。

d0207596_0212555.jpg




次は惑星のお話。
[PR]

by welco-t | 2011-02-24 00:27 | 甥・姪